講義・シラバス

本専攻の教育の特色については、こちらのページをご覧下さい。

平成31年度 環境エネルギー工学専攻時間割(前期)

 

  1 (8:40-10:10) 2 (10:30-12:00) 3 (13:00-14:30) 4 (14:50-16:20) 5 (16:20-18:10)
●M4052 Fundamentals of Energy and Environmental Engineering I(伝熱工学基礎)*
Kyaw Thu(総理工2) (選択必修科目)
●M4053 Fundamentals for Thermal Environment Engineering*
(熱環境工学基礎)
谷本(総理工1) (選択必修科目)
●M4054エネルギー変換 システム工学 田島・Kyaw Thu(総理工3)
(選択必修科目)
M4620 英語プレゼンテーション演習*
萩島
 
●M4051流体工学基礎
青木・安養寺(総理工3) (選択必修科目)
M4618 材料工学基礎
田島(総理工3)
Introduction to Turbulent Boundary
 Layer*
(乱流境界層入門)
萩島
(C-Cube 301講義室)
M4557先端熱工学*
Kyaw Thu
(総理工3)
 
伝熱工学実践
宮崎(総理工3)
〇M0002応用数学 坂口(総理工2) 〇Communication skills in English*
(英語コミュニケーション)
Kevin White(C-Cube 2階E-learning室) (共通科目)
〇Communication skills in English*
(英語コミュニケーション)
Kevin White(C-Cube 2階E-learning室) (共通科目)
〇Communication skills in English*
(英語コミュニケーション)
Kevin White(C-Cube 2階E-learning室) (共通科目)
Energy efficiency and management* Farzaneh
(総理工3)
    M4616 Advanced Topics of Energy and Environmental Engineering*
(環境エネルギー工学特論) 全教員+学外講師(総理工2)
 
 
 
    〇Communication skills in English*
(英語コミュニケーション)
Kevin White(C-Cube 2階E-learning室) (共通科目)
〇Communication skills in English*
(英語コミュニケーション)
Kevin White(C-Cube 2階E-learning室) (共通科目)

1. 専攻授業科目及び関連授業科目について合計30単位以上取得すること。
2. ●印の選択必修科目を合計6単位以上取得すること。
3. ○印の共通科目及び横断科目、さらに他専攻で開講される授業科目を関連授業科目と呼び、これらを合計4単位以上取得すること。
4.英語コミュニケーションは水3, 4, 5限, 金4, 5限に開講され、専攻の時間割と学生の英語習熟度によりクラス分けされます。希望学生は専攻のガイダンスで指定された期限までにオンラインで受講申込を済ませて下さい。クラス分けはその後通知されます。
5. 実践産業の受講を希望する学生は4/9 16時までに greenasia@ga.kyushu-u.ac.jp 宛てにメールにて受講申し込みをすること。
6. シラバス:https://syllabus.kyushu-u.ac.jp/

平成31年度 環境エネルギー工学専攻時間割(後期)

 

  1 (8:40-10:10) 2 (10:30-12:00) 3 (13:00-14:30) 4 (14:50-16:20)
M4556 Phase Change Heat Transfer* (
多成分混相伝熱学) Kyaw Thu
(総理工3)
M4152流体音響学
青木(総理工3)
●M4055
プレゼンテーション演習
教授・准教授全員
(総理工2)
(選択必修科目)
●M4055
プレゼンテーション演習
教授・准教授全員
(総理工2) 
(選択必修科目)
  M4257 Micro-climatology*
(地域熱環境工学) 萩島
(C-Cube 301)
M4106 Thermal-relating Engine Technology*
(エンジン工学) 田島
(総理工3)
○M0008英文ライティング*
Arina Brylko
(C-Cube E-learning室) <共通科目>
M4553 Thermal Energy Utilization Systems*
(熱エネルギー利用システム工学) 宮崎
(総理工2)
     
  M4256 Mathematical Analysis of Environmental System*
(環境システム数理解析) 谷本(C-Cube 301)
M4303 環境エネルギー管理計画 伊藤
(総理工2)
 
  M5701 海洋モデリング第一
広瀬(G棟206)
<横断科目>
M4551 Energy Analysis*
(エネルギー評価学) Farzaneh
(総理工3)
M4156 Compressible Fluid Dynamics*
(圧縮性流体力学)
安養寺
(総理工2)

* は英語開講科目

堀先生による水曜日2時間目の授業は後期に毎週実施されます。
総理工共通科目「環境と科学技術」としては、後期の前半のみの出席で1単位を認定する事になります。
一方、後期の10月から1月まで出席した場合には、Green Asiaの科目として、経済システム学1 (Economic Systems 1)2単位が認定されます。

シラバス:https://syllabus.kyushu-u.ac.jp/

平成30年度 環境エネルギー工学専攻時間割(集中講義)

 

 科目名 科目
コード
開講期間 開講時限 実施担当教員 世話担当教員
エネルギー社会論 M0056 前期集中 7時限 服部 徹 共通科目(学務委員)
環境エネルギー工学特別講義第十二   前期集中 未定 玉木 秀明 田島 博士

2019年度 異分野特別演習

 

 研究室名 教員名 テーマ名及び演習内容 受入可能
学生数
集合日時
・場所
環境エネルギーシステム学 Hooman Farazane
准教授
- Simulation of a hybrid solar-wind-battery storage system in Chikushi campus
- Estimation of energy demand and air pollution in the transport sector of Fukuoka city
- Future development of the Smart Grid and Demand Response systems in Japan
2名 前期または後期 相談の上、決定
エネルギー流体科学 安養寺正之 准教授 連続溶融亜鉛めっき工程におけるワイピングジェット流れの数値シミュレーションを行い,その特性について考察する. 1名 前期または後期 相談の上、決定
熱エネルギー 変換システム学 宮崎隆彦 教授
Kyaw Thu 准教授
テーマ:地球温暖化に対する空調システムの影響の調査
空調システムで使用される冷媒が持つ温室効果や電力消費に伴う二酸化炭素の排出,ならびに,それらの課題を克服するための技術動向を調査し,レポート作成と発表を行う.
2名 令和元年10月24日(木)
13:30〜 先導研 北棟 214号室
都市建築 環境工学 谷本潤 教授
萩島理 教授
人間―環境―社会システムに関する現象をマルチ・エージェント・シミュレーションモデルとして構築しその結果につき考察する. 1名 前期または後期 相談の上、決定
熱機関工学 田島博 准教授 エンジンの燃焼に関する実験もしくは数値解析 詳細は面談の上決定する 1名 前期または後期 相談の上、決定